てつがく一問多答

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野狐禅さんの回答

これは人は美を判断するのか、それとも感知するのか?の回答です。

この問いが言わんとしていることは、そのモノ(例えば絵画)自体に「美」というものが備わっており、私たちはそれを感じ取って「美しい」と思うのか、あるいは、その対象の色や大きさ、質感などを総合的に勘案した結果「美しい」と結論を出すのか、ということを問うているのではないでしょうか。

まずはっきりさせておくことは、例えば「色」のことを言った場合、モノ自体に色はないということです。
なぜ色が見えるのかと言えば、光がモノに当たったとき、ある波長は吸収し、ある波長は反射させるからだそうです。つまり、モノ自体に色がついているのではなく、反射された波長を視細胞が像として映し出すということになります。もっと言えば、人間は「鮮やかな赤」として認識するが、他の動物はモノクロに見ているかもしれません。

では、そのようにして細胞が作りだした像をもとに、私たちは美を「判断」するのでしょうか?
僕は「判断」と呼ぶような理性的なものではなく、簡単に言えば「好き嫌い」だと考えています。

美しいから美しいのではなく、美しい要素があるから美しいのでもなく、「好きだから美しい」のではないかということです。
一般的に見てブサイクな女の子を、美しいと思う男の子がいます。その娘がもともと美しいのではなく、好きだから美しいのです。
主観とはそのようなものだと考えています。


では、好き嫌いの正体とは何か?となるのですが、長い間そのことを考えましたが、まだ結論にまで至っていません。
本能的、遺伝子的に生きるための有利、不利を考えてのことなのか、経験によるものなのか、よく見慣れているものは安心できて、見慣れないものには不安を感じるからなのか(自然界の配色)、それはわかりません。

スポンサーサイト

テーマ:哲学者とそうでない人の違い

哲学者とそうでない人の違いってなんですか?

 | HOME | 

てつがく一問多答
「てつがく一問多答」は、当メーリングリストで取り上げられた哲学的なテーマに対して、参加者が回答を寄せたものです。

検索

テーマ一覧

追記

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。