http://minatetu.blog7.fc2.com/
てつがく一問多答

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呟き尾形さんの回答

これは「分かる」とはどういうことか?の回答です。

 まず、分かるという状態はどういうことか?

 ということから進めたいと思います。

 私たちが「分かった!」とおもえるとき、それは、
「(これまで)はっきりしなかったことが明らかになる」
 ということです。

 では、はっきりしないことというのは、どういうことかと言うと、その人の中で、対象が真か偽かの判断ができない場合です。

 数学において難解な公式がでたとき、分からないとするのは、変数が何を示唆するのか判断がつかないばあいだったり、目の前の数式が何を意味するのか、
はっきりしないのです。
 つまり、数学によって取り決められた記号の意味がはっきり見出せなかった。
 ということが、はっきりしない、つまり分からないと言う事になります。

 (学問としての)哲学も同様です。
 間違えなく、目の前には言葉と言う、私たちが使っているであろう言語であっても、書かれている形式や単語の意味が、日常的なものと異なれば、それは意味不明のものになります。
 つまり、哲学用語や哲学的な表記という哲学によって取り決められた記号の意味がはっきりと見出せなかったと言う事になります。

 つまり、はっきりしないことと言うのは、見聞きなどによって、知覚された記号からは、はっきりとした意味が見出せないことだといえます。
 そして、その記号の意味が何らかの手段によってはっきりする事によって
 「分かった!」という状態になるのだということです。

 哲学や数学が分かりにくい。
 というのは、分かりにくいと感じている人の認識方法と、哲学や数学の表記法方が不一致だからだと言えるでしょう。

 そして、哲学や数学を分かりやすいと感じている人の認識方法と、哲学や数学の表記法方が一致しているからだ。と言う事になります。

スポンサーサイト

トラックバック

http://minatetu.blog7.fc2.com/tb.php/10-fb3579e4

 | HOME | 

てつがく一問多答
「てつがく一問多答」は、当メーリングリストで取り上げられた哲学的なテーマに対して、参加者が回答を寄せたものです。

検索

テーマ一覧

追記

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。